ふるさとかみしばいの風景 ~中野・長慶寺

爽やかな秋晴れの日が続いておりますね。
本郷台駅周辺の銀杏並木も、美しい黄金色に染まってきました。

さて、11月27日よりスタートする講座「れっつ!ふるさとかみしばい」。
ご好評により定員に達したため応募は締め切りました。
創作予定の民話のひとつ「長慶寺の茶碗」の舞台である、
中野町の長慶寺を訪れてまいりました。 

 

本郷小学校のバス停を降りてすぐ、本郷ふじ山のふもとに
浄土真宗大谷派 中村山長慶寺はあります。

wan-2.JPG

 

 

 

 

 

 

栄区内には由緒の古い寺社仏閣がいくつもありますが、
長慶寺もそのひとつ。
「長慶寺の茶碗」は、このお寺に伝わるひとつの茶碗の物語です。

ときは慶長年間。徳川家康が藤沢御殿にいたころ、
鷹狩のために長慶寺の近所に立ち寄りました。
度重なる戦のために荒れ果ててしまっていた長慶寺に、
喉が渇いた家康が水を所望しにやってきたのですが、
その時、差し出された茶碗が、この茶碗というわけです。
今回、ご住職にお願いして、実物の茶碗を見せていただきました。

 

wan-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この茶碗で水を美味しく飲み干した家康ですが、
荒れ果てた寺の住職とは、一方ならぬ奇縁があったようです。
はたして、住職の語る来歴とは...?

この先は、紙芝居が完成してからのお楽しみ。
2010年2月に、講座終了発表会でご披露いたします。

wan-0.JPG

 

 

 

 

 

 

歴史を感じさせる鐘楼と、3年ほど前に新しくなった本堂です。

つぶさに歴史を調べていくと、
この土地に暮らした人々の息遣いが聞こえてくるようで、
町の風景も違って見えることがあります。
そんな歴史を、もっと身近に楽しく、お子様からご年配の方まで

体験できるのが「れっつ!ふるさとかみしばい」。
これから受講生の皆さんが作る、手作り紙芝居。
ぜひ、完成を楽しみにしていてくださいね。

                        (冨)

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/44
Listed below are links to weblogs that reference
ふるさとかみしばいの風景 ~中野・長慶寺 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > ふるさとかみしばいの風景 ~中野・長慶寺

ページ上部へ戻る