上郷小学校 学校コンサートに行ってきました♪

  • 2010年12月 1日 14:28
見事な冬晴れに恵まれ、富士山がきれいな姿を見せてくれた11月30日、
上郷小学校にて出張コンサートをおこないました。

出演はリリス・レジデンス・アーティストでヴァイオリニストの
高瀬真由子さんと、ピアニストの須関裕子さん、チェリストの伊久希さんに
よるピアノトリオ。音楽室を会場にして5年生・6年生が
2回に分けてクラシックのコンサートを鑑賞しました。

DSCN3231.jpg


上郷小学校への出張コンサートは今回で2度目、昨年は箏の体験と
コンサートでしたが、今回はクラシックの王道です。

演奏はもちろん、楽器自体も今までこんなに近くで見たことがなかった
ヴァイオリンやチェロ。楽器の紹介を交え、それぞれのソロ演奏を
聴きました。

DSCN3251.jpgチャルダッシュ/モンティ

後ろの方に座っている人たちにも良く見えるよう、後ろの方まで演奏しながら移動してくださっていました。





DSCN3259.jpg問題:チェロはヴァイオリンの大きさの何倍?
答え:12倍!!!







DSCN3268.jpg白鳥/サンサーンス

音の違いもじっくり聴かせてもらいました。






DSCN3270.jpg問題:ピアノの重さはどのくらい?
答え:約300キロ!!

もちろん、持って歩くわけにはいかないので、行く先々のピアノと仲良くなって弾くのがコツだそうです。
行った先のピアノとの出逢いも楽しみなんだそうです。素敵ですね。


DSCN3273.jpg幻想即興曲/ショパン

おなじみのピアノも、プロの演奏に「同じピアノとは思えない」と、先生方も聴き惚れていました。





DSCN3286のコピー.jpg楽器について理解を深めたうえで、5年生はナント楽器体験をしました。
先生が準備して下さったヴァイオリンとチェロで、演奏者が手取り足とり
弾き方を指導して下さり、音を出してみました。
ヴァイオリンは顔に、チェロは胸に、楽器の振動が体に伝わってくる感覚を体験できました。


DSCN3306.jpgそして、トリオによる演奏に戻り、
天使の死/ピアソラ
ピアノ三重奏曲第1番より第4楽章/メンデルスゾーン
を鑑賞。





続いて、学校コンサート恒例の共演プログラム。今回は、5年生が『冬げしき』の合唱、
6年生はパッフェルベルの『カノン』をピアノトリオの3人と共演しました。

DSCN2940.jpgのサムネール画像実は6年生の『カノン』は、11月11日に事前に高瀬さんが学校に訪問し、演奏の指導をしてくださっていました。






3317のコピー.jpgそれから約3週間。練習に練習を重ねた演奏は、素晴らしいハーモニーで、最初に聞いた演奏とは比べ物にならないほど上達していました!!
ちなみに、この演奏は、先生が録音してくださっていて、卒業式で流すそうです。
感動的な式になりそうですね。



2学年とも、最後にピアノトリオの演奏に合わせて校歌を歌いました。
子どもたちの声には演奏者たちも感動していましたよ。

これで終了。と思いきや、ナントアンコールとして、『ちいさな世界』を演奏して下さいました。

今回は本当に内容盛りだくさんな学校コンサートでした。
大人でもなかなかこの距離でピアノトリオの演奏を聴く機会は無いので、同行した職員も、とっても得してしまいました。
この貴重な体験、こどもたちの心に少しでも何か残ってくれることを祈りつつ、学校を後にしました。

村・しば



トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/115
Listed below are links to weblogs that reference
上郷小学校 学校コンサートに行ってきました♪ from スタッフブログ

Home> ブログ > 上郷小学校 学校コンサートに行ってきました♪

ページ上部へ戻る