「クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタル」 開催!

11月2日(水)、クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタルが開催されました!
ショパンの祖国であるポーランドの出身で、第11回ショパン国際ピアノコンクール第3位という実力派ピアニストによる怒涛のオール・ショパン・プログラムに満員の会場は大きな拍手で包まれました。

1102_1.jpg

プログラムはこれでもかというほどショパンの名曲づくし!

ノクターン 第20番 嬰ハ短調 「遺作」
幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
前奏曲「雨だれ」 変ニ長調 Op.28-15
スケルツォ 第2番 変ロ長調 Op.31
ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1
エチュード「革命」 ハ短調 Op.10-12
ポロネーズ 第6番「英雄」 変イ長調 Op.53
前奏曲 第4番 ホ短調 Op.28-4
エチュード「別れの曲」 ホ長調 Op.10-3
ワルツ 第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
ノクターン 第19番 ホ短調 Op.72-1
ワルツ 第3番 イ短調 Op.34-2
ワルツ 第19番 イ短調 「遺作」
エチュード ロ短調 Op.25-10
バラード 第1番 ト短調 Op.23
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 Op.22

聴き手を引き込む繊細で豊かな表現力と確かなテクニック。
お客様もショパンという作曲家の素晴らしさを改めて感じることができたのではないでしょうか。

1102_2.jpg






アンコールは、ショパンとはうって変って下記の2曲が演奏されました。

ピアソラ/オブリビオン
ラフマニノフ/楽興の時 Op.16-3 ロ短調 「アンダンテ・カンタービレ」

こちらもまた素晴らしい演奏!
彼の違った魅力を聴くことができました。

終演後にはサイン会が行われ、長蛇の列となりました。

1102_3.jpg






世界を飛び回っている大忙しの彼ですが、またいつかリリスホールで素晴らしい演奏を聴かせてくれることを今から楽しみにしたいと思います。
会場にお越しくださったお客様本当にありがとうございました。

(yama)

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/164
Listed below are links to weblogs that reference
「クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタル」 開催! from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 「クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタル」 開催!

ページ上部へ戻る