「スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ~12人の凄腕チェリストたち~」開催!

5/26(土)、「スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ~12人の凄腕チェリストたち~」が開催されました。2009年に当ホールで開催した公演から3年ぶりの登場となったスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウですが、今回も素晴らしい音楽を私たちに届けてくれました。
052602.JPG
今回も会場にはたくさんのお客様がお越しくださいました。
ステージにずらっと並んだ12脚のピアノ椅子に期待が高まります。 052601.JPG
ご出演いただいた12人の凄腕チェリストはこちら↓
丸山泰雄、渡邊辰紀、林裕、三森未來子、荒庸子、金子鈴太郎、
水谷川優子、海野幹雄、植木昭雄、灘尾彩、朝吹元、玉川克

当日のプログラムはこちら↓
 ・フンク/組曲 ニ長調
 ・ブラームス/インテルメッツォ Op.118-2
 ・マーラー/アダージェット~交響曲 第5番 嬰ハ短調 より
 ・シベリウス/フィナーレ~交響曲 第5番 ホ長調 Op.82 より
  ~休 憩~
 ・タヴナー/チェロと弦楽のための「奇蹟のヴェール」(Solo 丸山泰雄)
 ・シベリウス/交響詩「フィンランディア」Op.26

第1部は、チェロ・アンサンブルの定番曲や、原曲がピアノやオーケストラのために書かれた曲など、前半だけでもチェロ・サウンドを存分に味わえる充実したプログラム!
チェロの優しく温かい音色に会場全体が包み込まれました。
第2部の1曲目は、イギリスの現代作曲家タヴナーのチェロと弦楽のための「奇蹟のヴェール」。
052603.JPG
初演時にロンドンで一大ブームを巻き起こしたこの曲は、当時政治的に不安定な状況にあったイギリスの国民を癒し人気を博しました。
ソロはもちろんスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ主宰の丸山泰雄氏。
052604.JPG
続いては、シベリウスの代表作フィンランディア。この曲は、フィンランドの第2の国歌として今なお愛され、国民に元気を与え続けている曲です。
仙台のご出身という丸山氏ですが、昨年の3月11日以降、現地で80回以上慰問演奏をされているそうです。今回演奏された奇蹟のヴェールやフィンランディアを通して、癒しと元気を与えたい、そして何かを感じとってもらえればと、今回のプログラムへの想いを語ってくださいました。
052605.JPG
リリスでは、今後も素晴らしいアーティストによる上質なコンサートが目白押しです。
主催公演ラインナップを要チェック♪ ぜひご期待ください!

yama

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/193
Listed below are links to weblogs that reference
「スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ~12人の凄腕チェリストたち~」開催! from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 「スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ~12人の凄腕チェリストたち~」開催!

ページ上部へ戻る