Yasunao×Lilis concert series #10 開催

 

isida1.jpg

リリスが誇る大人気シリーズも、ついに10回目を迎えました。
今回は昨年に引き続き、名パートナーである中島剛さんと共に、ウィーン縁の作曲家をテーマに魅力的なプログラム構成でお届けしました。

≪演奏曲目≫
・シューベルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナチネ  
  第1番 ニ長調 D.384 Op.137-1
    第1楽章 Allegro Molto  
    第2楽章  Andante         
        第3楽章 Allegro vivace

  第2番 イ短調 D.385 Op.137-2 
        第1楽章 Allegro moderato
        第2楽章 Andante         
        第3楽章 menuetto:Allegro
        第4楽章 Allegro         

  第3番 ト短調 D.408 Op.137-3 
        第1楽章 Allegro giusto  
        第2楽章 Andante         
        第3楽章 Menuetto        
        第4楽章 Allegro moderato

  ~休憩~

・モーツァルト : ヴァイオリン・ソナタ ト長調 KV301(293a)   
    第1楽章: Allegro con spirito 
    第2楽章: Allegro             

・R.シュトラウス :ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18  
    第1楽章  Allegro, ma non troppo           
    第2楽章  Improvisation: Andante cantabile   
    第3楽章  Finale: Andante - Allegro        

  ~アンコール~ 

・クライスラー : オールド・リフレイン
・シューベルト : アヴェ・マリア
DSCN3578.JPG

 

 

 

 

 

シューベルト・モーツァルトは、古典派からロマン派初期という時代を感じる事ができる内容で、キラキラとした美しいピアノの調べに、優美な石田氏のヴァイオリンが加わり、なんとも言えぬ贅沢な時間が流れていました。
そして、本日の目玉であるリヒャルト!
これまでの優美さとは一気に雰囲気が変わり、ピアノとヴァイオリンがオーケストラにも負けないほどに力強く響きます。
ここまでイメージの違う曲を1つのコンサートで演奏する事は稀で、気持ちの切り替えが大変だったと演奏者も話しておりました。
このリヒャルトの大ソナタを含め、ほぼ全曲、石田氏にとって初めての挑戦でしたが、如何だったでしょうか?

isiida2.jpgまた、アンコールではさらに雰囲気を変え、なんと譜めくりをしてくれた鈴木浩司さんがゲスト出演しました。リハーサルでは絶好調でしたが、本番はさすがに緊張してましたね!
鈴木さん、お疲れ様でした!

 

 

 

リリスでの石田氏の挑戦はこれからも、まだまだ続きますので、引き続きご期待下さいませ。

 

(sato)

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/238
Listed below are links to weblogs that reference
Yasunao×Lilis concert series #10 開催 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > Yasunao×Lilis concert series #10 開催

ページ上部へ戻る