午後の音楽会 第30回 ~Bass Clarinet à la carte~ 開催!

春の陽気に包まれた4月1日(月)、
「午後の音楽会 第30回 ~Bass Clarinet à la carte~」を開催いたしました。

DSCN3895.jpg
シリーズの30回目、今年度最初の公演となった今回は、
東京セレーノ・バスクラリネットアンサンブル【木炭】の皆さまをお迎えして、
低音楽器の魅力あふれる演奏をお届けしました。

DSCN3905.jpg DSCN3906.jpg DSCN3907.jpg
<東京セレーノ・バスクラリネットアンサンブル【木炭】>
古川邦彦 / 深江彰 / 野沢和弘 / 渡邊一毅 / 尾崎めぐみ

1曲目は無伴奏ソロの演奏から。
チェロの名曲ですが、音域が同じこともあり、
バスクラでも演奏することがとても多い曲です。
使用する音域が広く跳躍が美しい曲となっています。
本日は【木炭】リーダーの古川さんが演奏されました。

DSCN3890.jpg
♪無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 より プレリュード / J.S.バッハ


そして、世界でもめずらしいバスクラリネットアンサンブルの登場です!
楽器が大きく、バスクラでは難しいとされる高音域や早い指まわりを
軽々と吹きこなす姿は圧巻でした!

DSCN3874.jpg
♪トランペット吹きの休日 - ワルツィングキャット / アンダーソン
♪トリック オア トリート / 新井千悦子
♪熊蜂の飛行 / リムスキー=コルサコフ

4重奏で演奏されたスイミーは、バスクラリネットアンサンブルの数少ない
オリジナル曲のひとつです。
レオ・レオニの同名の絵本からインスピレーションを受け作られた曲だそうです。
雄大な海の情景が目に浮かぶような、あたたかな旋律が印象的でした。

DSCN3920.jpg
♪スイミー / 石川亮太

再び5重奏に戻っての演奏です。
ホルストの"木星"は通常オーケストラなど大編成で演奏されますが、
今回はバスクラとコントラアルトクラでの演奏。
どのような音がするのか、演奏前から楽しみでしたが、
お客様も大満足の、迫力の演奏を聴かせてくださいました。

DSCN3921.jpg
♪日本の歌メドレー~海めぐり~
♪組曲「惑星」Op.32 より "木星" / ホルスト

アンコール
アマポーラ / ラカジェ

普段は縁の下の力持ちで、表に出ることの少ない楽器ですが、
最近ではソロ・アンサンブル楽器としても少しづつ注目を集めてきています。

バスクラの音を聴いたことがある方も、そうでない方も
今後の彼らの活動に、ぜひ注目してほしいです!


さて、次回の「午後の音楽会」は、5月10日(金)
第31回 ~ヨーロッパアコーディオンで世界を巡る~を開催いたします。

Helzle.jpg
ドイツ出身のアコーディオン奏者 ヴォルフガングヘルツレ氏が、
異国の香り漂う旋律を奏でます。
チケットの残りがわずかとなっております。
お買い求めはお早めに。

次回も「午後の音楽会」シリーズをお楽しみに♪


たんの

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/243
Listed below are links to weblogs that reference
午後の音楽会 第30回 ~Bass Clarinet à la carte~ 開催! from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 午後の音楽会 第30回 ~Bass Clarinet à la carte~ 開催!

ページ上部へ戻る