山中まりえ ヴィオラリサイタル開催!

ヴィオラという楽器の音をご存知ですか?
ヴィオラは中音域を担当するという事もあり、普段ソロで聴く機会の少ない楽器。それ故、ヴィオラ本来の音を知っている方は少ないのでは・・・と思われます。

DSCN5075resize.jpg 

 

 

 

 

 

今回は世界中で演奏活動されている碓井俊樹さんを伴奏に迎え、ヴィオラの隠れた魅力にせまるコンサートを開催しました。

 

本日のコンサートの為に、山中さんが考えて下さったテーマは

「より深く、より豊かに、ヴィオラの可能性を求めて。」
その要素が贅沢な程に集約された本日のプログラムをご紹介します。

<演奏曲目>
  ・バッハ      :無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012 (ヴィオラ版・ト長調)
  ・マルティヌー:ヴィオラ・ソナタ 第1番
  ・シューマン  :幻想小曲集 作品73        
        ~休憩~
  ・イザイ      :無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 作品27より 第4番 ホ短調(ヴィオラ版・イ短調)
  ・ブラームス  :ヴィオラ・ソナタ 第2番 変ホ長調 作品120-2
       ~アンコール~              
  ・ブラームス  :ヴィオラ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品120-1 より 第2楽章


ステージに登場した山中まりえさん。その手にした楽器から放たれた音は、深く重厚ながらも温かく、全てのお客様を包み込むかの様。


DSCN5091resize.jpg

これがヴィオラの持っている音。ヴァイオリンともチェロとも違う魅力的なその音色は感動です。また、時に鋭く光る音がソロ楽器としての要素を持ち合わせているのでしょう。

 

 

 

 

山中さんが持っている雰囲気とヴィオラとの組み合わせは、まさに絶品で、今回のテーマにある「ヴィオラの持っている無限の可能性」を十分実感する事ができたコンサートでした。

DSCN5215resize.jpg

 

 

 

 

 

山中まりえさん、碓井俊樹さん、ありがとうございました。


(lilis sato)

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/254
Listed below are links to weblogs that reference
山中まりえ ヴィオラリサイタル開催! from スタッフブログ

Home> ブログ > 協力事業 > 山中まりえ ヴィオラリサイタル開催!

ページ上部へ戻る