「午後の音楽会 第43回 吉田誠 クラリネットリサイタル」開催!

5月13日(火)、「午後の音楽会 第43回 吉田誠 クラリネットリサイタル」を開催いたしました。

DSCN1884.jpg
朝はぱらぱらと雨が降っていて心配をしていましたが、
開場時間までにはなんとか雨も上がり、本日もたくさんのお客様にお越しいただきました。

シリーズ43回目の今回は、若手クラリネット奏者 吉田誠さんのソロリサイタルを
開催いたしました。
ピアニストは、先日発売された吉田さんのファーストアルバムでも共演されている
内門卓也さんです。

DSCN1898.jpg

♪プログラム♪

グノー /
歌劇「ロミオとジュリエット」より "私は夢に生きたい"

ヴェルディ / 歌劇「運命の力」より "ラタプラン"

マスカーニ=ジャコーマ /
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」による幻想曲

ガーシュウィン / 歌劇「ポーギーとベス」より "サマータイム"

レハール / 喜歌劇「メリー・ウィドウ」より "唇は語らずとも"

ヴェルディ=バッシ/ 歌劇「椿姫」の主題による変奏曲

グノー=プティ / 歌劇「ファウスト」の主題による変奏曲

アンコール
ラヴェル / 亡き王女のためのパヴァーヌ

メサジェ / コンクールのための独奏曲

サン=サーンス / 歌劇「サムソンとデリラ」より


オーケストラや室内楽、はたまたジャズでも活躍する機会が多いクラリネット。
しかし、ソロのリサイタルを聴く機会は、他の楽器に比べ少ないのではないのでしょうか?

決して派手な楽器ではありませんが、あたたかく素朴な音色がとても魅力的な楽器です。
その音色は人の歌声に近いとも言われています。
今回はその魅力を味わっていただけるような、
オペラの名曲を中心としたプログラムをお贈りいたしました。

DSCN1856.jpg DSCN1938.jpg
たくさんの曲の中でも異彩を放っていたのが、ガーシュウィン作曲のサマータイム。
ジャズナンバーとして扱われることも多く、クラリネットの新たな一面を見ることが出来ました。
アンコールでは、ファーストアルバムに録音されている、
「亡き王女のためのパヴァーヌ」と「コンクールのための独奏曲」も披露して下さいました。

色々な国の作曲家が書いたオペラ。
どの曲もとても魅力的な世界観を持った音楽です。
少し速足ではありましたが、7つのオペラに触れることができ、また、吉田さんの軽快なお話に時折笑いも起こりながらの、とても和やかなコンサートとなりました





さて、次回の「午後の音楽会」は6月12日(木)、
"第44回 出井則太郎 テノール&カウンターテナー" を開催いたします。

noritaro_dei.jpg

やわらかで、時に力強い歌声を、ぜひ響き豊かなホールでお楽しみください。
月に1度、特別な1時間を過ごしてみませんか?
チケットは好評発売中です!

次回も皆さまのご来場をお待ちしております♪



たんの

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/305
Listed below are links to weblogs that reference
「午後の音楽会 第43回 吉田誠 クラリネットリサイタル」開催! from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 「午後の音楽会 第43回 吉田誠 クラリネットリサイタル」開催!

ページ上部へ戻る