「午後の音楽会 第44回 出井則太郎 テノール&カウンターテナー」開催!

梅雨の真っただ中の6月12日(木)、
「午後の音楽会 第44回 出井則太郎 テノール&カウンターテナー」を開催いたしました。

gogoon44-1.jpg
数日前から梅雨入りし、雨は降らなかったもののどんよりとした曇り空となってしまいましたが、
今回もそんなことも感じさせない程、たくさんのお客様にお越しいただきました。
ご来場いただきありがとうございます。

シリーズ44回目は、テノール&カウンターテナー歌手である出井則太郎さんを迎え、
歌の魅力あふれるステージをお届けいたしました。
出井さんとも度々共演されているピアニスト 根本愛さんと、息の合った演奏を聴かせてくださいました。


♪プログラム♪

B.スメタナ / 愛の春 B.91

G.ジョルダーニ / カロ・ミオ・ベン

G.F.ヘンデル /
歌劇「セルセ」HWV40 より "オンブラ・マイ・フ"

G.F.ヘンデル /
歌劇「リナルド」HWV7 より "私を泣かせてください"

J.S.バッハ / 平均律クラヴィーア 第1巻 より 第1番プレリュード - Pf solo

A.ドヴォルザーク / 聖書の歌Op.99 B.185 より
"主は我が羊飼い"、 "新しい歌を歌え"

A.ドヴォルザーク / ジプシーの歌Op.55 B.104 より
"私の歌は響く"、 "母の教え給いし歌"、 "鷹に金の籠をあげてごらん"

L.ヤナーチェク /
草陰の小径 第1集 より "風に散る木の葉" - Pf solo

モラヴィア民謡 / 愛しき白ワイン

モラヴィア民謡 / フラディシュチャから帰ってきたとき

モラヴィア民謡 / ワインをもう一杯支払おう

アンコール
M.クビショヴァー:マルタの歌


gogoon44-2.jpg
カウンターテナーは男性が女性パートを歌う歌唱法で、
日本では数えるほどしか歌い手がいないそうです。
そんなめずらしい歌声を、前半のイタリア古典歌曲で披露してくれました。
歌声はまさに女性のよう!ハイトーンが素晴らしかったです。

gogoon44-3.jpg
歌の間には、根本さんのピアノソロも。
やわらかい音色で、根本さんの人柄を表すような素敵な演奏でした。

また、後半はガラッと雰囲気が変わり、
テノールの音域で出井さんが得意とするチェコのモラヴィアの民謡を。
出井さんの「チェコに行ったことがある人?」という質問に、
なんとたくさんの手が挙がりました!
チェコのお話も交えて、行ったことがる人も、まだあまり知らない人も、
みなさんが楽しめるとても和やかな雰囲気のコンサートとなりました。




さて、次回の「午後の音楽会」は7月7日(月)、
"第45回 平田耕治 タンゴトリオ"を開催いたします。

七夕の日に贈るロマンティックなタンゴライブ。
こちらのチケットは完売いたしました。
ありがとうございました。


また、8月8日(金)開催される、
"第46回 岩崎洵奈 ピアノリサイタル" のチケットは現在好評発売中です。

gogoon-46.jpg
ショパン国際ピアノコンクール ディプロマ賞受賞の
若き実力派ピアニストが奏でる充実のプログラムをぜひ、ご堪能ください。

次回も「午後の音楽会」をお楽しみに♪


たんの

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/311
Listed below are links to weblogs that reference
「午後の音楽会 第44回 出井則太郎 テノール&カウンターテナー」開催! from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 「午後の音楽会 第44回 出井則太郎 テノール&カウンターテナー」開催!

ページ上部へ戻る