リリス音楽大学 vol.2 第5回

7月23日(水)、リリスホールにて「リリス音楽大学クラシック学部 vol.2」を開催いたしました。
この日のテーマは《グリーグ科-ソルヴェイグの歌-》です。

DSCN3375 (640x480).jpg DSCN3366 (640x480).jpg

『ペール・ギュント』をはじめとして、日本でも親しまれているグリーグ作品の魅力や
オーケストラの楽器・配置について、コンサートマナーなど、いろいろなおはなしを
していただきました。

DSCN3359 (640x480).jpg DSCN3364 (640x480).jpg

 

後半には「修了式」として、ミニコンサートを開催しました!
リリス・レジデンス・アーティストの山田那央さんが、ヴィオラで共演されました。

DSCN3408 (640x480).jpg

《プログラム》
グリーグ:過ぎし春
シューベルト:セレナーデ
ドヴォルザーク :もしも大鎌が研ぎすまされていたら
        :仲良く出会ったのだから
        :我が母の教え給いし歌
ドビュッシー:美しき夕べ
ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番 第4楽章
【EC】加藤昌則:duet

 

これまでの講座で取り上げた作曲家の作品を中心とした、贅沢なプログラムとなりました。
ソロで聴くことの少ないヴィオラの音色もお楽しみいただけたでしょうか?


「リリス音楽大学クラシック学部 vol.2」は今回で最終回となります。
これからコンサートに行かれるときは、この講座で聞いたことを思い出して
楽しんでみてくださいね♪
受講してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

9月からは「リリス音楽大学ポピュラーミュージック学部」がスタートします。
ご応募は好評受付中ですので、ぜひぜひお申し込みください。

 

やまき

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/319
Listed below are links to weblogs that reference
リリス音楽大学 vol.2 第5回 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > リリス音楽大学 vol.2 第5回

ページ上部へ戻る