リリス音楽大学vol.2 第4回

7月9日(水)、リリスホールにて「リリス音楽大学クラシック学部 vol.2」を開催いたしました。
第4回となるこの日は、《ドヴォルザーク科 -スラヴ舞曲第10番-》がテーマです。

DSCN3215.JPG

 

はじめに、チェコの居酒屋料理2品をステージで実際に作っていただきました!
なんだかお料理番組のようですが、これはドヴォルザークの生家が肉屋兼宿屋を
営んでいたことにちなんでいます。
チェコの民族舞曲に基づいた作品を多く作った、ドヴォルザークの音楽性を育んだ
環境の一端をご紹介しました。

DSCN3194.JPG  DSCN3183.JPG

 

『スラヴ舞曲 第10番』は切なく哀愁を帯びた曲想でとても人気のある作品です。
その音楽効果はどこから生まれるのか、楽譜を見ながら解説していただきました。
ドヴォルザークが理論を深く理解した上で、チェコの音楽と融合させていたことが
読み取れます。

DSCN3223.JPG

 

最後は『ユーモレスク 第7番』の演奏と、盛りだくさんの第4回となりました。

DSCN3227.JPG 

 

次回はいよいよ最終回、《グリーグ科 -ソルヴェイグの歌-》というテーマです。
リリス・レジデンス・アーティストの山田那央さんをお迎えしてのミニコンサートも予定していますので、どうぞお楽しみに!

 

やまき

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/317
Listed below are links to weblogs that reference
リリス音楽大学vol.2 第4回 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > リリス音楽大学vol.2 第4回

ページ上部へ戻る