「午後の音楽会 第50回 木管アンサンブル Tree of Music」開催

クリスマスも近づき、町もイルミネーションで色づき始めてきた12月16日(火)、
「午後の音楽会 第50回 木管アンサンブル Tree of Music」を開催いたしました。

gogoon50-1.jpg
gogoon50-2.jpg
リリスでもホール入口には今年も大きなクリスマスツリーが登場し、
お客様をお出迎えしました。
つめたい雨の降る中での開催となりましたが、
本日もたくさんのお客様にご来場いただきました。

2014年最後の公演となった今回で、「午後の音楽会」シリーズは50回目を迎えました。
記念すべき第50回は、Tree of Musicの皆さまによる、
木管五重奏とピアノによるアンサンブルの華やかな演奏をお届けいたしました。


gogoon50-3.jpg gogoon50-4.jpg
最上谷裕世(フルート) / 有賀智美(オーボエ) / 山本学子(クラリネット)
山口祐貴子(ホルン) / 吉村綾香(ファゴット) / 川島立子(ピアノ)


クラリネットの山本学子さんはリリス・レジデンス・アーティストとしても活動しており、
Tree of Musicでは「リリスの大冒険2013」ミニコンサートでの演奏や、
小学校で行われた音楽ワークショップで講師も務めていただきました。




♪プログラム♪

讃美歌 / Joy to the World!

- 楽器紹介 -

モーツァルト / きらきら星変奏曲 ハ長調 K.265

ミヨー / 組曲「ルネ王の暖炉」Op.205 より
Ⅰ. 行列
Ⅱ. 朝の歌
Ⅲ. 軽業師
Ⅵ. ヴァラブルでの狩り

ドビュッシー / 「小組曲」 より "小舟にて"

パッヘルベル / カノン ニ長調

トゥイレ / 六重奏曲 変ロ長調 Op.6 より 第1楽章

酒井格 編曲 / Wind of Christmas

♪アンコール♪

グルーバー / きよしこの夜




gogoon50-5.jpg
木管五重奏が演奏する「Joy to the World!」から始まったコンサート。
日本では"もろびとこぞりて"というほうが一般的でしょうか?
華やかな音色で、会場は一気にクリスマスムードに♪

gogoon50-6.jpg gogoon50-7.jpg
「どうしてホルンは金管楽器なのに木管五重奏の仲間なの?」
「フルートは金属製なのになぜ木管楽器なの?」
という疑問を持っていた方も多いと思います。
楽器紹介では、そのような謎が解けるようなそれぞれの楽器の歴史、
また、音の鳴る仕組みなどのお話も聞くことが出来ました。
順番に聴いていくと、それぞれの楽器が持つ特徴がわかり、
同族楽器のアンサンブルとはまた違った魅力を感じました。

gogoon50-8.jpg
木管五重奏、六重奏のオリジナル曲や、クリスマスにぴったりのメドレーなど
盛りだくさんの演奏を聴かせてくださいました。
それぞれがとても個性豊かな楽器たち。
アンサンブルはたくさんの楽器の音色を聴くことが出来るので、
演奏を聴きながら、自分の好きな音色を見つけてみるのも楽しいかもしれないですね♪


さて、次回の「午後の音楽会」は、2015年1月23日(火)
"第51回 ソプラノ×ピアノ デュオコンサート" を開催いたします。

gogoon-51.jpg


新年の幕開けを彩る ソプラノとピアノの華やかな調べを
心ゆくまでお楽しみください。チケットは現在好評発売中です。

次回も「午後の音楽会」をお楽しみに♪

たんの

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/345
Listed below are links to weblogs that reference
「午後の音楽会 第50回 木管アンサンブル Tree of Music」開催 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 「午後の音楽会 第50回 木管アンサンブル Tree of Music」開催

ページ上部へ戻る