きってはってとびだす絵本を作ろう!in笠間小学校

  • 2015年10月25日 18:34

9月2日(水) 4日(金) 11日(金)の3日間、笠間小学校で 1年生3クラスと近隣の保育園の児童を対象に「きってはってとびだす絵本を作ろう!」というテーマのワークショップを開催しました。

講師は絵本作家でありデザイナーとしても活躍されている佐々木 貴行さん。 今回のワークショップでは、おばけをテーマに児童一人一人がオリジナルの絵本作りに挑戦しました。
P1030560.jpgP1030507.jpg

1日目のテーマは「おばけさがし」。
今回のワークショップでは、模造紙を体育館の床に広げて、手でびりびりと破ることからスタート。
大人だと好きに紙を破いていいと言われると少し身構えてしまうところですが、
子供たちは素直に楽しみながら体を動かしていました。

模造紙を破き終わったら、その中から好きな形の紙を子供たちに選んでもらいます。
子供たちはまだ、お化けを作るということを知らないので、選んだものは大きさも形もバラバラ。
選んだ紙を絵本の用紙に貼ったら、お化けの目や口を貼りつけて1ページ目が完成。
みんな自分の選んだ形がどうやるとお化けに見えるか考えながら制作していました。
P1030500.jpgP1030485.jpg





2日目のテーマは「おばけがすきなもの」。 1日目に作ったおばけの名前から連想し、 そのおばけが好きなものを子供たちに絵に描いてもらいました。

2日目の終わりには佐々木さんよりみんなに宿題が。 お化けが好きなものとお化けが合体するとどんな風になるのか 絵に描いてきてもらうようにお願いしました。
P1030524.jpgP1030529.jpg





3日目のテーマは「おばけの絵本(製本作業)」。 1日目、2日目に作った絵本のページと宿題の絵を合体させて 製本作業をしました。

1ページ目に登場したお化けが、2ページ目で好きのものを見つけ、 3ページ目でその好きなものと合体するというシンプルなストーリーですが、逆に テーマを限定することで子供たちそれぞれの個性が作品に出る結果となり、 とても興味深かったです。
P1030539.jpgP1030562.jpg





色鉛筆やクレヨンを使った絵以外にも、切り絵や貼り絵など様々な表現方法がつまった3日間のワークショップ。 130名近い児童と一緒に体育館で行うワークショップは講師にとってもリリスにとっても 初めてだったのですが、先生方の協力もあってとても楽しく開催することができました。

リリスでは今後も区内の様々な学校でのアウトリーチを予定しています。 次はどこの小学校に行くでしょうか? 生徒の皆さんお楽しみに♪

むらおか

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/390
Listed below are links to weblogs that reference
きってはってとびだす絵本を作ろう!in笠間小学校 from スタッフブログ

Home> ブログ > きってはってとびだす絵本を作ろう!in笠間小学校

ページ上部へ戻る