リサイタル・シリーズ〈新時代の旗手〉「宮田大チェロ・リサイタル」開催

12/6(日)、リサイタル・シリーズ〈新時代の旗手〉の最終回となる「宮田大チェロ・リサイタル」が開催されました。

20151206_1.jpg
なんとチケットは半年前に完売!会場は宮田さんの演奏を心待ちにされていたお客様でいっぱになりました。

リサイタル・シリーズ〈新時代の旗手〉は、優れた才能と実力を兼ね備え、国内外に活躍の場を広げている気鋭の日本人演奏家を全3回にわたりご紹介するシリーズです。
過去に開催した2公演はこちら ↓
外山啓介ピアノ・リサイタル
三浦文彰ヴァイオリン・リサイタル

宮田さんは幼少よりその才能が注目されていましたが、2009年に開催された第9回ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクールで日本人初優勝という快挙を果たし、一躍世界が認めるトップ奏者へと駆け上がりました。
今回の共演ピアニストは、宮田さんが厚い信頼を寄せ、昨年発売されたCD「チェロ 一會集 ~Rencontre~」でも共演しているジュリアン・ジェルネさんです。

20151206_2.jpg
プログラムはこちら ↓
● ファリャ(小林幸太郎 編):バレエ音楽「恋は魔術師」より
● ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 Op.65
~休憩~
● ファジル・サイ:4つの都市 ― ピアノとチェロのためのソナタ Op.41
<アンコール>
● ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
● 久石譲:おくりびと

宮田さんのチェロはとにかく音が美しくて、いつまでも聴いていたいと思ってしまいます。
私もリハーサルを客席で聴かせていただきましたが、ついつい仕事を忘れて聴きいってしまいました^^;

今回のプログラムは、全くタイプの異なる3曲が演奏されました。
会場にいらしたお客様は、宮田さんのテクニックはもちろんのこと、音色の多彩さ豊かさに驚かれたのではないでしょうか。
チェロってこんなにも表現の幅がある楽器なんですね!
客席で演奏を聴かせていただいたリリススタッフも、皆すっかり宮田さんのファンになってしまったようです。

20151206_3.jpg
そして、今回のコンサートでは、ピアニストのジュリアン・ジェルネさんのピアノもとても存在感がありました。
チェロとの息の合い方は絶妙!
宮田さんと同じく様々な音色がピアノから引き出されました。
ピアノの調律師さんも、終演後に思わず「ピアニスト上手いねえ!」の一言。

終演後のサイン会は、長蛇の列。
お客様からは、お二人の演奏をまたリリスホールで聴きたいというお声をたくさんいただきました。
宮田さん、ジュリアンさん、ぜひまたリリスホールでその素晴らしい演奏を聴かせてくださいね。

yama

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/400
Listed below are links to weblogs that reference
リサイタル・シリーズ〈新時代の旗手〉「宮田大チェロ・リサイタル」開催 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > リサイタル・シリーズ〈新時代の旗手〉「宮田大チェロ・リサイタル」開催

ページ上部へ戻る