三浦一馬 スーパー・クァルテット オール・ピアソラ・プログラム 開催

1月23日(土)「三浦一馬 スーパー・クァルテット オール・ピアソラ・プログラム」を開催しました。

2016年最初のリリス主催公演です。

DSC_0692 (640x428).jpg

三浦一馬さんは昨年、新進音楽家の登竜門「出光音楽賞」をバンドネオン奏者では初受賞され、今最も注目されている若きバンドネオン奏者。リリスホール初登場です。

DSC_0714 (640x428).jpg

共演はリリスホール・栄区に縁のある、昨年12月、Yasunao×Lilis concert series #15で熱演が記憶に新しい神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスター石田泰尚さん、栄区出身、リリスでは音楽大学 教授こと加藤昌則さん、同じく栄区出身、東京フィルハーモニー交響楽団 首席コントラバス奏者 黒木岩寿さんです。

【プログラム】
・オブリヴィオン(忘却)
・デカリシモ
・スール:愛への帰還
・ブエノスアイレスの秋
・ブエノスアイレスの春
・現実との3分間

・天使へのイントロダクション
・アディオス・ノニーノ
・エスクアロ(鮫)
・ブエノスアイレスの夏
・ブエノスアイレスの冬

【アンコール】
・リベルタンゴ

公演タイトルにもありますがオール・ピアソラ・プログラム。アンコール含め12曲、「タンゴの革命児」ピアソラの魅力をたっぷりとお届けしました。

特にアンコールの「リベルタンゴ」では三浦さんが片足を椅子にのせ、熱い演奏を披露して下さいました。

DSCN4510 (428x640).jpg

三浦さんの切れ味があるバンドネオンのリズム、石田さんの力強いヴァイオリンの響き、加藤さんの優しいピアノ、黒木さんの包み込む様な音色。、4人がつむぎ出す音はまさにスーパー・クァルテット。

終演後のサイン会は沢山のお客様に並んで頂き、同じメンバーで再演を望む声を多く頂きました。

hira

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/406
Listed below are links to weblogs that reference
三浦一馬 スーパー・クァルテット オール・ピアソラ・プログラム 開催 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 三浦一馬 スーパー・クァルテット オール・ピアソラ・プログラム 開催

ページ上部へ戻る