「午後の音楽会 第66回 プレミアムコンサート 新垣勉 テノールリサイタル」開催

桜の季節も過ぎ暖かな日が増えてきた4月27日(水)、
「午後の音楽会 第66回 プレミアムコンサート 新垣勉 テノールリサイタル」を
開催いたしました。

gogoon66-1.jpg

シリーズでは2016年度はじめての公演となった今回は、
プレミアムコンサートと題し、通常1時間公演のところ、
公演時間2時間の特別バージョンでお届けいたしました。
プレミアムコンサートの記念すべき1回目の出演者は、
テノール歌手 新垣勉さんです。


■ プログラム ■

アヴェ・マリア(シューベルト)
アヴェ・マリア(カッチーニ)
おお春よ
アプリーレ
早春賦
荒城の月

母三章

-休憩-

この広い野原いっぱい
からまつ原
花言葉
芭蕉布
イエスタディ
ムーンリバー
初恋
私と小鳥と鈴と
こだま
さとうきび畑
ひとつだけの命

■ アンコール ■
川の流れのように / ピアノ:新垣勉 フルート:齋藤誠二
アメイジング・グレイス





gogoon66-2.jpg
皆さんもご存じの通り、全盲と天涯孤独という
逆境を乗り越えてきた新垣勉さん。
その歌声は、不思議と心に沁みてきます。
特に日本語の歌詞では、一語一語がとても聴き取りやすく、
自然と詩の奥にある情景が浮かんでくるのが印象的でした。
日本語の響きの美しさや言葉がもつ意味、
日本人でありながら忘れていたのかもしれません。

gogoon66-3.jpg gogoon66-4.jpg
曲の合間のトークではユニークな一面を垣間見ることができ、
客席は打って変わって笑顔が絶えませんでした。
また、アンコールでは新垣さんのピアノ、
ピアニストの齋藤さんのフルート演奏といったサプライズもあり、
お得な気分を味わうことができました。

「人は出逢いで変わり、出逢いで成長する。」と新垣さんは言っています。
今日、そんな新垣さんの出逢えたお客様は、
何気なく送っている日常にちょっとした変化がみえるかもしれませんね。

なんと演奏曲はアンコール含め21曲!
素晴らしい歌声で至福の2時間を過ごす事ができました。
新垣勉さん、齋藤誠二さん ありがとうございました!


さて、次回の「午後の音楽会」は、
5月27日(水)"第67回 工藤セシリア ピアノリサイタル"を開催いたします。
こちらのチケットは完売しております。

また、5月5日(木・祝)には、
"第69回 コハーン・イシュトヴァーン クラリネットリサイタル"の
チケット販売がスタートします!

gogoon-69.jpg

25もの国際コンクールで優勝・入賞する快挙を果たした、
クラリネット界の逸材が登場します。
聴衆を惹きつけてやまない、詩情あふれる若き名手の演奏は必聴です!
夏、爽やかな青空と太陽がまぶしい季節に、
ワンコインで特別な時間をお過ごしください。

次回の「午後の音楽会」もお楽しみに♩


sato / tanno

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://blog.lilis.jp/mt/mt-tb.cgi/416
Listed below are links to weblogs that reference
「午後の音楽会 第66回 プレミアムコンサート 新垣勉 テノールリサイタル」開催 from スタッフブログ

Home> ブログ > 自主事業 > 「午後の音楽会 第66回 プレミアムコンサート 新垣勉 テノールリサイタル」開催

ページ上部へ戻る